マツコネ制限解除がUSBでできない人はデータシステムのTVキットを使ってみては?




マツコネの制限解除は、バージョン59.00.502以降USBを用いての制限解除ができなくなりました。

これによって走行中にテレビを観たり、ナビの操作をしたいにもかかわらずできないということになってしまいました。

ただ昔からあるデータシステムの商品でしたら、マツコネのバージョンにかかわらず、制限解除と同様な操作ができるようになります。

 

テレビキットを使っての解除

TVキットは配線によって、常時Pに入れているのと同じ状態にして走行中のTVやナビの操作をできるようにしています。
マツコネは書き換えているので、そこは最大に違う部分ではないでしょうか。

TVキットの取り付けはカプラーオンでできるので、配線もすっきりするし、個人で取り付けることもそれほど難しいことではありません。

以前乗っていたオデッセイに自分で取り付けていましたが、とても便利なものでした。
やはり走行中にナビが動かせるのはありがたいです。

 

データーシステムのTVキット最大のデメリット

壊れる可能性があるということ。

社外品を使うこと自体がクルマにとってリスクがあるので、USBだろうがTVキットだろうが壊れる時は壊れます。

残念ながら、購入したクルマとの相性もあります。
全体ではなく、個のクルマです。

いわゆる、ハズレというやつです。

以下に例を挙げてみます。

①オデッセイで使用していた時は数年後にナビがブラックアウトをして壊れました。
これは必ずしもキットのせいではありませんが、ディーラーで見てもらった時には、

『TVキットは電圧が変わったりして、ナビなどに負担をかける恐れがある』

と言われました。
単純にナビが経年劣化によって壊れた可能性もありますが、TVキットによる不具合も考えられます。

②友人がオートバックスでシエンタにキットを取り付けてもらったところ、ナビでの自車の動きがおかしくなったと言っていました。
最近ではナビが立ち上がらなかったりもするそうです。
これもキットの絶対にTVキットのせいとは言えないですけど、確率は高そうですね。

③マツダでいえば、ぼくが購入したディーラーでは、マツコネがブラックアウトしてしまい何も表示されなくなった。
オーナーが慌ててもってきたクルマには、データシステムのキットが取り付けてあった。

『キットのせいではないかもしれないが、キットの可能性もある』

と言っていました。
要は原因が分からなかったり、見つけることが難しくなってしまうようです。

これで高い修理費を請求されるものリスクがあるといえばありますね。

 

今日のまとめ

TVキットを取り付けないほうが良いと言っているわけではありません。
ぼくはTVやナビが操作できる方を優先します。

ただ、リスクがあり得るという話なだけ。
身近なところで数件起こっていることを考えると多少のリスクはあるわけで。

もちろん分母は大きいので、たった3件可能性があるだけでどうこうは言えないかもしれない。
相性が悪かっただけかもしれないし。
でも、不具合が出ているのも現実。

何度も書きますが、社外にするだけで、どのメーカーだろうがクルマには負担をかけています。
USB解除だって負担はあるかもしれない。

壊れる可能性が怖いのであれば、TVキットの取り付けは諦めたほうが良いかと。
とは言っても、壊れたら直せば良いだけなので、正直リスクを恐れて便利な機能を使わないのはもったいないとも思います。














コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です