ストラットタワーバーで走りが変わるようなので装着してみました




ボディは走行中に歪みを生じます。
その歪みを減らそうというのが、ストラットタワーバーです。

補強パーツといえば、最初に出てくるパーツではないでしょうか。

ストラットタワーバーはストラット式サスペンションの上部を左右繋ぐことにより補強します。

補強パーツはいくつか出ていますが、タワーバーは効果がわかりやすいパーツと言われています。

ストラットタワーバーのメリット

ボディの剛性が高まることによって、サスペンションの変形を抑制させることができるようになります。
それによって、サスペンションの性能を十二分に発揮できるようになるのです。

大きく変わることとして言われているのが、

  • ハンドリングがシャープになる
  • コーナーや高速走行で安定した走行を実感できるようになる

この二点ではないでしょうか。

ストラットタワーバーのデメリット

もちろんデメリットもあります。

  • 左右を繋いでしまうために片側のダメージが反対側にも及んでしまう(メーカーのHPには書いてはいないので実際にどの程度の影響があるのかはわかりません)
  • 乗り心地が悪くなる

BLITZストラットタワーバー

各社から出ているのですが、金額とデザイン(カラー)でBLITZのタワーバーを選びました。

脱着や使用方法を考えると、ぼくにはAutoExeのような固定式よりも写真のように、バーをネジで止める調整式の方が良いと思いました。
サーキット走行が多い方には固定式の方が向いているはずです。

取り付け自体は数十分で終わります。

感想はというと、うーんどうでしょう。

はっきり言うと、わかりません。

確かに若干ハンドリングが良くなったかなあ。

ゴツゴツ感は増しました。
乗っていて辛いとかいうものではなく、『あー、前よりも振動があるなあ』というレベルですけど。

ぼくのアクセラは車高調ではなく、ローダウンスプリングだけなのでバランスを考えると合っていないのかもしれません。

見た目は、BLITZのタワーバーは色が派手ではなく、落ち着いた雰囲気なので好印象です。

AutoExeのレッドよりも、ソウルレッドには似合う気がします。

今日のまとめ

固定式か調整式の違いは別にして、どこのメーカーのものでも大差はないと思うので、街乗りの方は金額とデザインで選んで問題ないと思います。

ただし、タワーバーはノーマルの足に取り付けても効果がないばかりかデメリットが目立ってしまうようになる恐れがあります。

ですので、車高調なりスプリングを交換して、足回りを変更してから装着することをオススメします。

そもそも飛ばさない低速走行が多い人は取り付けても実感はできないと思います。
ぼくが鈍感なだけかも知れないけど。

手に入れやすい価格なので、エンジンルームを華やかにという点では良いです。

おすすめ度:★★★☆☆











関連コンテンツ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA