アクセラのルームランプをLED化




LEDはやはり明るい

アクセラを購入してから1年が経ちますが、この度LEDに変更しました。

電球色のアンバーカラーは落ち着くので今まで交換しなかったのですが、明るさが物足りないと思い購入してしまいました。

やはりLEDは明るいので特に夜には便利なんですよね。

説明書に取り付け方は書いてありますが、実際に取り付けてみたので写真とともに紹介していきます。

今回購入したLEDはこちらです。

 

 
 
 
 

この商品は5点セットなのですが、上から、マップ(フロント)、リア、ラゲッジ(トランク)、バニティー(バイザー)、ライセンス(ナンバー灯)になります。

LEDはマツダの純正オプションにもありますが、いかんせん高い。
明るさはほとんど変わらないので社外で十分です。これで5000円は安いのではないでしょうか。

交換も不器用なぼくでもできるので、わざわざ工賃を払うのもあほくさいです。

純正で、工賃込みだといっても、マップ、リア、ラゲッジ、ライセンスの4か所で16000円なんてぼったくりでしょ。

ちなみに今までオデッセイ、アクアと格安のものを使ってきましたが、LEDが点かなくなったり、クルマに異常をきたしたことなんて一切ありません。

購入後、すぐにライセンスだけは交換していたので、今回はマップ、リア、ラゲッジ、バニティーの4か所です。

LEDへの変更は簡単にできる

用意するもの

・マイナスドライバー

・マイナスドライバーに巻く布

・マスキングテープ(なくても大丈夫)

 

ラゲッジランプ

実際はマイナスドライバーに薄い布を巻いてください。
巻かないと傷がつく恐れがあります。

写真の場所にマイナスの先を突っ込んで、てこの原理で外します。

外れたら手で引っ張ります。
試しに点灯していますが、消して作業を行ってください。

マイナスドライバー先端の部分のぽっちを押し込みながら引き抜きます。
もちろん外さなくても問題はありません。

外したら、LEDと交換してこのようにセットします。

取った順番と逆に取り付けていきます。
無事に点灯しました。

 

リアルームランプ

リアはこの部分に小さな穴があるので、そこに差し込みます。
ちょっと硬いですが、恐れずに外してください。

LEDに交換します。

点灯を確認して、カバーを戻します。

 

バニティーランプ

この場所まではスライドさせても点灯しません。
ここに差し込んで外します。

この電球が指だと取れなかったので、下側にマイナスドライバーを差し込んで外しました。

点灯を確認して、カバーを取り付けます。

 

マップランプ

雑な性格がにじみ出てしまっていますが、マスキングテープを貼って傷を防ぎます。

左右2か所に引っかかっているので、それを外します。

この小さい電球一つで賄っています。

そりゃ光量が少ないわけです。

LEDを取り付けます。サイズがピッタリです。

つぶつぶが目立ってしまいますが、かなり明るいです。

 

今日のまとめ

簡単に交換することができました。

もし興味がある方は、わざわざディーラーではなく、自分でやってみるのもありだと思いますよ。

どうしても純正が欲しいならディーラーでどうぞ。














コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です