マツダがディーゼル用のデポジットクリーナーを出してた




先日ディーラーにオイル交換に行ったら、これをオススメされました。

これは個人的に気になっていたので、オススメされなくても聞こうと思っていたのですが。

以前これまたディーラーで入れてもらった『WAKO’Sディーゼル1』と同様のものです。

ワコーズのディーゼルワンでインジェクター洗浄

2018年7月23日
created by Rinker
ワコーズ(Wako's)
¥4,791 (2020/02/19 12:21:17時点 Amazon調べ-詳細)

もしかしたらWAKO’SやどこかのOEMかもしれないですね。
ディーゼル1との価格差はおよそ1000円です。

ディーゼルデポジットクリーナーの使い方

燃料が半分以上入っている状態でデポジットクリーナーを入れて、燃料を満タンにするだけです。

その燃料をできるだけ短期間で、できるだけタンクを空にするまで走ります。

以上です。

効果があるの?

これを使うとインジェクターの煤を排除してくれるようです。
汚れを落とすことによって、以前の走りを取り戻すといったところでしょうか。

効果はまだ入れたばかりなので何とも言えません。

一度タンクを空にして、インジェクターに働きかけてくれるまで待つしかありません。

ただ7万キロを超えるようになって、まあ6万キロ台からなのですが、加速や燃費がかなり落ちました。
燃費が落ちるのはDPF再生の回数が多いということでもあります。

多走行車なんだからという声も聞こえてきますが、ディーゼルの加速の鈍さはぼくのような素人にもわかるほどです。
買ったばかりの時の加速はなくなりました。

なので、このデポジットクリーナーにはちょっとというか、かなり期待しています。

まとめ

マツダがこれを出した意味は何なのでしょうか?

正直、少しでも改善してくれるなら何だっていいんですよ。

WAKO’Sと同じかもしれませんが、やはり純正ということで安心感はあるのではないでしょうか。

※追記

実際にクリーナーを入れてから、燃料タンクを空付近まで走行してみました。
そろそろインジェクターにも馴染んでくるころでしょうか。

結果は、DPF再生の発生まで40キロほど延びました。

ぼくのアクセラは140キロぐらいでDPF再生が起きていたのですが、180キロぐらいまで持つようなりました。

このクリーナーとの因果関係は不明ですが、多走行車の方は入れてみる価値はあるのではないでしょうか。

 











関連コンテンツ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です