アクセラ15XDがリコールになったのでディーラーへ




アクセラディーゼルリコール

ぼくはマツダマニアというわけではないので、乗っていて楽しいクルマということが一番大切。

2月1日にアクセラ、デミオ、CX-3の1.5XDエンジンのリコールが出ました。

言うなれば、当初から問題があるのでは?と言われていたエンジンだけど、マツダとしてもやっと重い腰?を上げてくれたわけで。

リコールしてくれたことは誠実な対応だと思っています。

マツダのHPを見ると該当車種にはDMが届くということだけど、待てど暮らせど来ない。

オイル交換のタイミングがきてしまったので、一緒に行ってもらおうとこちらから電話。

数日後に届くという旨をいただきましたが、とりあえず先に予約しました。

実際にDMが来たのは16日。これって早いの?

エンジンの重大欠陥なんだからもう少し対応が早くてもいいんじゃない。

こう思うだけでも立派なクレーマー。

 

作業内容にがっかり

マツダのHPの改善措置の内容として下記のようにあります。

改善措置の内容として、 全車両、エンジン制御プログラムを対策プログラムに修正するとともに、エンジンおよびDPF(黒煙除去フィルタ)に堆積した煤を清掃します。

プログラムの書き換えとエンジンをばらして煤を取ってくれるのかと思ったら、1年点検の時にやるような噴射量学習のようなものみたい。 まあ、ばらして煤掃除なんてしたら時間が足りないですよね。
てことで、70分ほどかかるとのこと。

 

今日のまとめ

今回の方法で根本解決になるのか分からないけど、とりあえずの応急処置と言ったところでしょうか。

焼いたところで、煤はエンジンの中に残っているわけだから。

インジェクターを変えたいなあと思いつつも、DPF再生はなかなか100キロを切らない。

予見リコールだか知らないけど、警告灯が出なくちゃ交換しないってのもなあ。

ちなみにこの問題でオイル交換が必要な場合は実費だそうで。












2 件のコメント

  • こんにちは
    以前エアコンの臭いの件で連絡させていただいた者です。
    その節はお世話になりました。

    リコールの件ですが、私の車も対象でした。
    エンジン警告灯が付かない限りパーツ交換をしてもらえないと
    書いてあったため、ディーラー入庫を遅らせていました(忙しかったのもありますが)。
    が、数日前ついに警告灯が点灯してしまいました。
    点灯してくれたため、私の車は煤清掃+インジェクター交換を無償でしてもらえました。

    これ、警告灯が点灯する一歩手前でディーラーに預けてしまった場合は、
    本来交換すべきパーツがそのまま見逃されていることになる気がしています。
    私は機械に詳しくないのであくまで推測ですが、リコールから帰ってきた後も
    車の挙動は注意深く見守ったほうが良いかと。
    若干マツダに不信感です。

    • アクセラ乗り様
      全くその通りだと思います。
      インジェクター交換は全車が該当車であるはずなのに、警告灯が点灯、またはグローランプが点滅したクルマのみ交換というのは残念な対応だと感じます。
      明日は我が身とは言いませんけど、最悪の場合エンジンが停止する可能性があるとマツダが言っているわけで。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です