車上荒らしにあわないために




車上荒らしにあう

とある朝、タイムズに止めてあったクルマ(オデッセイRB1)に向かいました。

お金を払う前にまず荷物を入れにクルマに近寄ると、クルマの脇にものすごい量のガラス片が。

いや初めはガラスと思わず、土かと思いました。

隣のマンションからかと思い、

「ふざけんなよ、上から鉢を落としやがって」

と顔を上に向けると。。。

え?

え??

え???

オーマイガッ!!

こうなっていたわけです。

写真を撮ってますけど、気持ちは絶望。

恐る恐る中を覗くと、コートとスニーカー、バッグが盗まれていました。

しかもちゃんと選ばれていて、安そうなものは放置されていたのです。
VANSのシューズ、ノースフェイスのデイパックは律儀に置いていってくれています。

 

警察へ電話

待つこと10分ほどで交番からカブに乗ったおまわりさんが2人到着。

あれやこれや聞かれました。
住所、氏名、職業、駐車場に止めた時間、クルマに来た時間、紛失物があればその価格。

15分ほど話しておまわりさんはご帰還しました。

タイムズに電話したのですが、(謝られましたが)駐車場内の事故の責任は負えないと言われ、掃除のものを行かせるとのこと。

お兄さんが窓ガラスの清掃に来てくれて、車上荒らしについて話したのですが、その人も被害にあった経験があったそうです。

特に悪質な場合は消化器を車内にばらまかれてしまうそうです。
そうなったら廃車にするしかないとのこと。

そしてぼくは首都高を乗り継いで埼玉に帰ったのでした。

もちろんガラスは割れたまま。

 

車上荒らしにあわないために

①目立つ場所や人通りが多い場所駐車する

被害にあった駐車場はマンションに囲まれてしまっていて、外からはわかりにくいこと。
そして、台数も少ないために利用者が多くなかったのです。

②車内に物を置かない

物を大量に置いてしまっていたので、自業自得といえばそうでしょう。
でも盗む奴が悪いですけどね。
確かに物を置いておく場合、覗かれると目を付けられてしまいます。

③他県ナンバーは気をつける

他県ナンバーは目をつけられやすいので要注意です。
なぜ目をつけられやすかと言えば、金目のものなど荷物が置いてある可能性が高いからです。
今回はまさしくこれですね。

④お金があれば防犯にお金は惜しまない

高いですが、多少高くてもカーセキュリティを取り付けた方が良いです。
絶対ではないですが、盗まれる可能性は下がることでしょう。
車内が覗けないようにスモークフィルムを貼るのも効果はあります。

 

今日のまとめ

車上荒らしは色々と考えさせられました。
ぼくの場合は洋服で済んでよかったのですが、クルマ自体を盗まれたら悔やんでも悔やみきれないはずです。

駐車する場所はしっかりと検討したほうが良いでしょう。












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です