サンシェードを買うなら純正を




安いの買うなら高くても良いものを

暑い夏にはくるまにとって必須のパーツであるサンシェード。

炎天下の下でサンシェードをつけていないと、乗るときに地獄ですね。

カーショップやホームセンターに行けば、シルバーのギラギラしたサンシェード(以下シルバー)が売っていますが、あの吸盤は粘着力がいまいちだし、汎用性はフィッティングがダメダメ。
クルマに戻ってきたらサンシェードが外れて落ちていることも。

結局、サンシェードの意味をなさなくて、車内は熱気でムンムンであります。

ということで、お高いのですが純正品を購入してみました。
結論から言うと、純正最高!です。

純正サンシェードのメリット・デメリット

純正最高と言いましたが、もちろんデメリットもあります。

メリット

  1. サイズが小さい
  2. フィッティングが良い

                                 
シルバーのものはたたんでも棒状になるだけなので、トランクに入れていてもリアシートに置いておいても邪魔。

その点、純正のものは非常にコンパクトです。

画像を見ていただけるとサイズが小さいことがわかります。
この大きさはシルバーのもの(棒状)とは比較になりません。

片付けるときに場所を取らないというのは大事なポイントです。

もうひとつは、取り付けが楽でフィッティングが良いのです。
これは車種別なので当然ですが、シルバーのように外れることもありません。

デメリット

  1. たたみにくい
  2. 価格が高い

慣れれば簡単なのですが、慣れるまではケースのサイズにするのが難しい。
器用な人はすぐにできるだろうけど。
まあ、数回練習すればすぐにたためるようになるので、デメリットと言うほどではないかもしれません。

価格が高いのは純正だし、車種別なのでしょうがない。
高いって言ったって、買えない価格ではないわけで。

サンシェード取り付け方

フロントガラスの下の隙間にサンシェードを入れます。

上部はサンバイザーで挟み、ルームミラーのところをマジックテープで止めてあげるだけ。

外から見るとこんな感じです。雑に入れちゃっていますが、純正ですのでサイズはバッチリです。

取り付けはシルバーのものは吸盤を取り付けるだけですので簡単ですが、純正もサンバイザーに挟むだけなので簡単です。

ただシルバーのものは吸盤が弱くなってきたりして、ガラスにくっつかないなんてこともあります。

 

今回のまとめ

純正ですので金額は高いのですが、シルバーのものを何回も買い替えて安物買いの何とやらになるよりは思い切って買ってしまって良いものだと思います。

クルマ購入の時に交渉して無料にしてもらってもいいかもですね。

コンパクトになるのは本当に便利なので、どのメーカーのクルマに乗っていてもこのような商品があれば買って良い商品です。












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です