アクセラのエアコンの異臭原因を探る




アクセラの臭いの原因を探る

エアコンから油のような臭いがするという話なのですが、同じような症状ということでメッセージをやり取りさせていただいている方(Aさんとさせていただきます)がいます。どうやら原因は同じと考えて良さそうです。

他にもメッセージをいただいたので、引用させていただきつつ、この原因を探っていきます。

この現象はエアコンを入れると毎回臭うわけではありませんし、どの車両でも起きているものでもありません。例えば先日試乗したCX-3では一切臭いはしませんでした(その時だけかもしれませんが)。それもあって原因が余計にわかりません。

エアコンの使用状況を考える

メッセージをいただいた方の状況は、

①内気循環中に発生。

②冷房時のみに発生。

③風量が1または2のときに発生することが多い。臭いが出ても風量を上げると改善することが多い。

④A/Cオフ(送風のみ)では発生しない。

⑤A/Cエコモードのときの発生頻度が高い。

⑥アイドリングストップモードオンオフは関係ない。

⑦エアコンの温度設定は関係ない。

これを見ると、ぼくのくるまに当てはまるのは、①、②、⑤が確実に当てはまります。

③は涼しくなったら2か、寒すぎるので1にしています。確かにその時に臭ってきます。

④、⑥、⑦に関しては常にオフにしていたり使っていないのでで検証していません。

ただ、①、②、③、⑤は重要部分だと思っています。

ということはAさんの症状と、ぼくの症状は限りなく近いと言えます。これは関係ないと思いますが、Aさんも関東マツダで購入。2016年の10月納車。生産時期が同じとも考えられます。まさかね。

ネットの情報を探る

アドバイスとして『エアコン 車 ビニール臭』で検索するとでてくるとのことでしたので、調べてみました。

①エンジンオイルが高温になるパーツに付着する(オイル漏れも含む)

②コンビニのビニールなどが高温になるパーツに付着する

③電気配線の焦げ(最悪火災になる)

こんなところがビニールや、油関連の焼けた臭いに関することでしょうか。

①オイル交換は購入後に4回行っているので可能性はあります。ただ、臭ってくるのは冷房時だけ。ということは、5月のオイル交換か8月のオイル交換ということになります。オイルが漏れ出してということはないはずです。それだったら、交換時に気づくはずです。ということは、オイル交換時にエンジン等に垂らしたということ?プロが?垂らすかもだけど、拭き取らないの?

②これはありえることと言えそうです。ビニールなんて道路に転がってますから。ただ、デイーラーが上抜きでオイル交換をしているならわからないと思いますが、下抜きだったらくるまを上げるはずなんですよね。マフラーの配管等をわざわざ目視しているかはわかりませんので、ビニール袋の焼付きというのは考えられるかもしれません。ぼくが無知で申し訳ないのですが、ディーラーが上抜きでオイルを抜くのか?ってこと。わざわざマシンを購入してまで?

③電気配線の焦げだったら、責任は自動車メーカーにいきそうですので、必死に原因は追求するはずなんですよね。もしユーザーが焦げ臭いと言った場合、放っておくとは考えにくい。

上記のことって数万台とか、数百万台とか売れていれば、数台でも起き得ることです。現にアクセラみたいに売れていないくるまでも少なくとも2台起きているわけですし。それに焦げ臭いというのはネットにもあがっています。

それをディーラーが放おっておく(知らない)とは考えにくい。少なくとも購入ディーラーの本社(関東マツダ)は情報を得ているはずですし、それをメーカー本社に上げないとは考えにくい。逆にメーカー本社がディーラー本社に情報を送らないってあるのか。

今日のまとめ

この現象が起こる時は内気中ですから、隙間がない限りは外からの風を入れていないはずです。それでも油のようなビニールのような臭いがしてくるとしたら、エアコンの配管内と考えるべきなのでしょうか。

ずっと臭うわけではない。いつの間にか消えている。エアコンをつけている間、ずっとしているのであればわかりやすいけど、そうじゃない。

不定期で起こる。そして、その現象が起きているくるまが少ないということです。それが余計に不安を煽ってくるわけです。

もし同じようなことが起きている方、この現象がなぜ起きるのかを知っている方がいたら、メッセージでもコメントでもいただけたらと思います。

臭いが出た時に、ディーラー近くにいれればいいんですけどね。

これは原因等がわかり次第、また書かせていただきます。












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です