アクセラ15XDのしょぼいマフラーを交換してアクセントを加えよう!




アクセラ15XD(15Sも含める)は正直ダサい部分があります。
22XDと比べたらいくつか差別化されています。

エクステリアで22XDと比べて、オプションでも変えることができないのが、サンルーフとマフラー。

サンルーフはどうにもできないけど、マフラーは社外のものにすればいいのです。

 

マフラー交換を思い立った理由

アクセラのお尻をみるとひょろいマフラーが1本出ているだけという貧相さ。
さらに、22XDは2本出しているのに、15XD1本しか出してくれていません。
差別化や車両価格を下げるためにはしょうがないのですが、個人的には残念です。

スポーツと名乗っておきながら、ひょろいマフラーは全くスポーツ感もなく、22XDのようにマフラーが2本出ているわけでもなく、絶望的に貧相。

ダサくて貧相。
お尻のボリュームに全く合っていない。

CX-8だって同じく貧相。
あの図体にあの細さ。

それがあまりに寂しい。

マフラーカッターでも対処できるのですが、15XDはマフラーカッターに変更しても1本出しは変わらないですからね。

22XDでマフラーカッターはありな選択だと思います。

 

マフラーを選ぶ

マフラーは別に安いものではありません。
アクセラ15XD用と言っても高いものだと10万円を超えます。

ぼくが購入を検討していた時期(2017年夏)は、アクセラ15XD(BMLFS用)と記載されているものが3社しかありませんでした。

  1. AutoExe
  2. odula
  3. 柿本改

2017年12月の時点では、HKS、ナイトスポーツなどが15XDに対応しているマフラーを出しています。
HKSは当初6万ほどで購入できていたのですが、今は10万近くしています。

考えた末に選んだのは柿本改のClassKRというマフラーです。
結局は予算で選びました。

ぼくは青がそれほど好きではないので、マフラー出口が青というのは個人的には魅力を感じなかったのですが、AutoExeは金額が高かったので断念。

 

マフラー交換のメリット

最大のメリットは見た目です!

残念ながら、別にパワーアップするわけでもないです。(個人的には)
変わると言っている人も見かけますけど、トータルでチューニングしないとダメでしょうし、マフラーだけではプラシーボな気がします。
ただし、低速トルクがなくなるということもないですけど。

とういうことで、まずは見た目だけにメリットを感じることができるのであれば、購入する価値はあります。

 

マフラー交換でサウンドの変化を楽しむ

ディーゼルエンジンのマフラー交換で一番気になることは音がどれほど変わるかだと思います。
youtubeなどでマフラー音を聴いてもそれほど変わっている気がしません。

実際に聴いてみてどうかというと、やはり穏やかなマフラー音です。

マフラーを交換して音が変わったと思うとき。
それはエンジンをかけたときと、DPF再生のとき。

DPF再生が始まると、マフラー交換をして良かったと思うでしょう。

明らかな音の変化によって、低音で唸ってくれます。
個人的にはうるさい音ではなく、心地が良いものです。

マフラー交換をした日に同乗者に聞いてみたのですが。

助手席に人を乗せた時の会話です。

私  『何か音が変わってない?』

相手 『え?何が?・・・あ、前に言ってた、マフラーにしたの?』

私  『気づいてた?』

相手 『いや、なんかいつもと音が違うことには気づいていたけど、どこか壊れてるのかと思った』

ということです。

 

今日のまとめ

マフラー交換に関しては、あのダサいマフラーの出口が気になるのなら交換しても良いと思います。

価格の問題がありますが、それに見合うだけのものはあります。

交換してみるとやはり多少なりとも音が変わるので走っていて楽しいですよ。
特にDPF再生時は窓を開けて走りたくなります。

※装着後に1万キロほど走りましたが、焼きが入ってきたのか音がさらに良くなってきました。

オススメ度:★★★☆☆












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です