アクセラにAutoExeスポーツインダクションボックスを入れてみたら走る楽しみが増えた!




15XDは出足のもっさり感が酷いです。
もっさり感を少しでも解消できそうなパーツを探していたところ、スポーツインダクションボックスを見つけました。

スポーツインダクションボックスに交換して何が変わるのかお伝えします。

 

スポーツインダクションボックスを導入しての驚き

出典:AutoExe

ネットに広がるネガティブな意見が多数あったので、すぐに取り外す準備はしいました。

賛否両論はあったので、ぼくもドキドキしてはいましたよ。
購入してから取り付けるまで『取り付けをどうしようかなあ』と、3ヶ月はかかったでしょうか。

だって怖いんですもの。エンジンへの不具合だのなんだの。

実際はどうだったかというと。

導入後に10000キロほど走りました。

感想としては、なかなかいいんじゃないですか!
いや、燃費上がってるよ!音も最高だよ!

どうぞ、皆様お買い上げください。

結構本気でそう思っています。

インダクションボックスを交換した最大の理由は、出足のもっさり感を少しでも解消できたらとの思いからでした。
それが嫌なら22XDを買えって話なんですけど。

 

インダクションボックスを交換する意味

スポーツインダクションボックスに交換することによって何が変わるのか?

インダクションボックスを交換するときにわかるのですが、純正のインダクションボックスのエアフィルターは大きなボックスに包まれています。

これは消音の効果もあると同時に空気流入量を制限してしまっています。

基本的にはエンジンは空気をたくさん入れてあげれば、エンジン出力は上がります。
もちろんそんな単純なことではありませんが、街乗りであればそこまで細かい理論は必要ないです。

ただ空気の量を増やせば燃焼が早くなり、燃費が悪くなる恐れもあります。

てことで、15XDの何かが変わればと思い変更しました。
本音は出足が改善されればと思ったのだけど。

AutoExeスポーツインダクションボックスのメリット・デメリット

導入後の変化は体感できるものとしていくつかありました。

  1. アクセルレスポンスとサウンドが変わる
  2. 燃費が上がる
  3. 熱吸入が激しい
  4. 見た目の変化はない

以下説明していきます。

 

アクセルレスポンスとサウンドが変わる

AutoExeの説明としては、『吸入効率とサウンドをアップ』とあります。

決してパワーアップとは書いてありません。

ということで、決してパワーは上がりません。

ただ、アクセルレスポンスは良くなります。
すぐに慣れてしまって、体感はすぐに消えてしまうけど。

もうひとつ。
サウンドは大きく変わります。

これはエンジンをかけた瞬間からわかります。

ぼくはスポーツインダクションボックスとマフラーを同時に交換してしまったのでわかりにくかったのですが、マフラーからの音の変化は極微量。
スポーツインダクションボックスからのサウンドが激変だと思います。

まずディーゼル音が小さくなります。
ぼくは元々嫌いではないのですが、デイーゼル特有のガラガラ音小さくなります。
これはアイドリング中にわかるでしょう。

もうひとつが、吸入音が大きくなります。
シューという音が多少室内に入ってきます。

でもうるさいとかではなく、気持ち良いものです。

そしてDPF再生時は低音が室内に入ってきます。
これがまた気持ちが良いのです。

高速などのある程度スピードを出せるときだと、この音がさらに大きくなります。

 

燃費が上がる

燃費に関しては驚きなのですが、取り付ける前よりも上がりました。
これは正直どうしてかわかりませんが、無意識のうちに低回転で走っているのかもしれません。
渋滞にはまっても、18キロ超えはしています。
運転の仕方は変えていませんが、1〜2キロ燃費が上がりました。

 

熱吸入が激しい

デメリットを考えてみると、吸入温度ですね。

スポーツインダクションボックスで一番の問題点。

OBDからの情報なので誤差はありますが、20〜30℃は変わります。
クルマを流している分にはそれほど変わらないのですが、渋滞にはまると高温になります。
例えば、気温が10℃で流しているときには20℃ぐらいだとすると、渋滞中は40℃になります。
気温が上がるともっと上がります。

まだ真夏に乗っていないのでわからないのですが、ちょっと怖いですね。

これは純正だとボックスにフィルターが入っているのですが、この商品はフィルターがむき出しなので、思いっきりエンジン内の熱を吸入してしまっています。

これはネガティブな意見として言われていることが多かったので覚悟していました。

ただ、これもそんな単純なことではなくて、結局は燃焼する直前の温度が大切なわけで、一概に吸入温度が高いからと言って、悪いということにはならないでしょう。

ですので取り付ける前よりもパワーが下がったということもありません。

 

見た目の変化はない

パーツ自体はレッドですが、装着する場所が奥になってしまっているので、エンジンルームが華やかになるということはありません。

 

今日のまとめ

正直これに34000円前後を払ってまで導入すべきかと言われたら、

『めちゃくちゃオススメできる!』

とまではなりませんけど、走る楽しさを感じることができるパーツであることは間違いないです。

窓を開けて走りたくなります。












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です