マツダは値引きをしないわけではない




マツダ地獄からの脱却

マツダ車を購入しようとした時に本だのネットだので調べたわけですが、その中でマツダは値引かないという書き込みがありました。

アクセラを購入した時には、結果的には20万円の割引でした。
それほど大きい値引きではなかったのですが、正直ここまで値引かれるとも思っていませんでした。

マツダはかつてマツダ地獄という言葉を生み出されるぐらいマツダ=安いというブランドイメージを作って(作られて)しまいました。

簡単に言うと、マツダを買い取ってくれるところがなく、結局マツダのディーラーが一番マツダ車を高く買ってくれるから、再度マツダを買うしかなくなる。

そのスパイラルにはまってしまうわけです。

マツダはプレミアムブランドになりたい

そんな簡単にプレミアムブランドになれたら、どこのメーカーも苦労しませんけど。別にクルマだけの話じゃなくね。

ということで、昔ほど安易な値引きはしなくなりました。

値引きではなくクルマの価値で見てもらおうと。
良いクルマなら次も同じメーカーのクルマに乗ってくれるというわけです。

まるでドイツの某メーカーのようです。

それが成功するには数十年先とかになるでしょうけど。

マツダが値引かないというよりも、値引かなくても良いクルマなら売れるという発想に変わった。

値引きに固執したら、プレミアムなんてどこかに行ってしまって、ただのユニクロになってしまうわけです。

マツダ車は高くはない

同じ車格のクルマと比較すればわかりますけど、マツダは安いと思います。

正直、その安さが内装の共通化などになって、差別化という意味ではちょっとなあと言う部分ではあるけれど、デザインや走りに惚れたなら買ってあげてもよろしいのかと思います。

どのクルマだって完璧なものなんてないわけで、値引かないから買わないなんて言うなら、さっさと他社のクルマを買えばいいじゃんてことです。

今日のまとめ

クルマって値引き交渉が面白い駆け引きでもあります。
でも初めから値引きだけで考えてしまうのはつまらないことでもあると思います。
だったら中古車を買えばいいし。

マツダは結局人気がないから、中古市場でも他社よりも安く買うことができますよ。












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です