Cセグメントのクルマを選ぶ理由なんてあるの?




Cセグメントとは?

セグメントは欧州の調査会社で使われはじめた言葉になります。
元々はマーケティング用語なのでしょう
セグメントはA〜Eなどがあります。
他には超高級車のFやSUVのJ、スポーツクーペのSがあります。

CセグメントはBセグメントDセグメントの中間に位置します。

1980年代から1990年代初頭までは、このセグメントはセダン、ステーションワゴンが全長4300mm、全幅1700mm未満のクルマがほとんどでした。
ハッチバックは全長が4000mmにも達していませんでした。

ところが現在では、全長4350mm〜4600mmでセダン、ステーションワゴン、もしくは全長4200mm〜4500mmのショートワゴン、ハッチバックをCセグメントと分類しています。

しかしこれはあくまで調査会社のさじ加減ですので、一概には言えません。

日本でのCセグメント事情

Cセグメントはヨーロッパでは人気のセグメントです。
走りと、室内の広さの使い勝手が良いようです。

Cセグメントは輸出ありきのクルマです。
ですので、日本だと少し大きい。
運転が苦手な人にはちょっとしんどい大きさになるんですね。

もともとのCセグメントは今のBセグメントほどの大きさでしたが、拡大して今の大きさに落ち着いています。
しかし考えると、日本でのCセグメントの売上はそれほどではありません。
というよりもプリウスの独壇場です。

国内での話ですが。

ホンダはシビックを2017年夏に日本で投入してきましたが、全然売れていません。
確かに街中で目にするようになりましたが、モデル末期のアクセラよりも売れていません。

もともとはカローラもCセグメントでしたが、プリウスに取って代わられました。
今のカローラはBセグメントに当てはまるのでしょうか。
海外仕様のカローラはCセグメントですね。
2019年にカローラはフルモデルチェンジが予想されていて、ついに3ナンバーが与えられるということです。

グローバルということ、そしてモデルを少なくしていく今の自動車業界にとってはカローラを5ナンバーに留めておくのは無駄ということでしょう。
売れてないし。

Cセグメントはどんな人向けなのか

Cセグメントは4人乗車で苦しくなく乗れます。
ワイドな車幅はドライバーを不安にさせることもありません。
Cセグメントのクルマは乗ってみると運転のしやすさが分かるはずです。

このセグメントを乗る人は30代〜と考えられます。

しかしSUVが流行っている時代です。
わざわざこのセグメントをファーストカーにしようとしないのもわかります。
SUVを乗っている人がセカンドカーを買うとしたら、大多数がコンパクトカーになるのではないでしょうか。

現状Cセグメントは中途半端ということが言えるでしょう。

家族持ちだったら敬遠するんじゃないかな。

今日のまとめ

Cセグメントは売れていませんと書きましたが、2017年のアクセラの国内販売台数は26000台ほど。
頑張っているのではないでしょうか。

Cセグメントは誰でも運転しやすいと思うのですが、このセグメントを買うならもっと大きいサイズを買うのはわかります。
実際モデルチェンジをしたことを考えても、CX-5の方が売れています。

でも人と被らないことを考えたら、Cセグメントを検討してもよろしいのかと。












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です