ボディーコーティングは長ければ良いというものではない




コーティングはどれを選ぶ?

マツダ車を買おうとしている方、もしくは他社のクルマであっても、ボディコーティングは必要かどうか、さらに何年のものにしたらよいのかに悩みませんか?

ボディーコーティングは、雨でも汚れが付着し辛く、さらに輝きも保ってくれるというWAXの現代版です。

年数を増やせば施工金額が高いのですが、お得感が出ます。
1年よりも3年。3年よりも5年と。

ぼくはアクセラの購入時に3年のコーティングにしたのですが、その理由を書いてみます。

ガラス系とポリマー系のどちらが良いのか?

ボディコーティングにはガラス系とポリマー系の2種類があるのですが、どちらにもメリット・デメリットがあります。

ガラス系

メリット

酸、紫外線、熱に対して強い抵抗力がある

自然な発色と艶と光沢

撥水性があるため、汚れが簡単に落とせる
デメリット  無機の被膜であるため、ミネラルなどの無機の汚れが固着して水シミとなる  施工に時間がかる  施工料金が高い

 

ポリマー系

メリット 施工時間が短い 施工料金が安い 極微細な傷を簡単に埋め、艶と光沢を出す
デメリット 定期的に被膜のメンテナンスが必要になり、そのスパンも比較的短い 紫外線によって酸化する  

 

どちらが良いかは使い方と予算次第だと思いますが、ディーラーでやっているようなコーティングは、ガラス系が多いと思われます。

マツダはボディコーティングMGシリーズとして、新車時のオプションとして施工してくれます。

ぼくが今までに乗ってきた(乗っている)クルマにも施工してきました。
だいたい5年のものを施工したと思います。

マツダアクセラのコーティング価格は、

  • 5年 59,658円
  • 3年 49,372円
  • 1年 39,086円

になります。

金額を見ると、2年増すごとに差額が10,000円ほどですので、じゃあ5年にしようと考える方も多いと思います。

でもちょっと待ってください!

5年にしたからといって、5年持つわけではありません。

環境にもよりますが、−2年と考えていいのかなと思います。

現在自宅にあるアクアは5年施工なのですが、1回目の車検を迎える前に、確実にコーティングが剥がれています。

洗車をしても、撥水効果はほぼなくなり、親水のようになってしまっています。
もちろん最初から親水のコーティングをしているのなら良いのですが、撥水なのにいつの間にか親水になっているのです。

基本的に家での駐車は屋根付きの車庫です。

それを考慮すると、屋外駐車の場合は余計に早くなるでしょう。

マツダでは新車施工のみですので、例えば3年が経過したらコーティング施工会社に持っていくことになります。

 5年コーティングの3年後

メーカーも違うので単純な比較はできませんが、家にあるトヨタアクアは5年コーティングを行いました。

まずは施工をして半年経ったアクセラです。

まだダマになってくれています。

次にアクアです。
丸3年経過後。

ダマではなく、馴染んでしまっていますね。

20歳と40歳ぐらい肌質が違います。

 

今日のまとめ

コーティングは個人的には3年のものでいいと思います。
その理由として5年のものにしても結局は3年も持たないからです。
5年のものにするのであれば、こまめにコーティングをしたほうが確実に良いです。

お金がある方は、社外のコーティングの方が良いと思います。

施工してくれるカーショップはたくさんありますし、大手でしたらキーパーなどがあります。

使っている状況によって撥水効果は急激に落ちる場合もあります。

5年間の施工のものでも3年の施工のものでも、大切なのはメンテナンスを疎かにしないということです。 












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です